時間の使い方

【事例付き】時間を無駄にしている5つの習慣と解決方法

時間を無駄にしている人がやってる5つの習慣

あなたは、時間を無駄にしてませんか?

人によって「この時間無駄にしてるな」と思う瞬間・内容は様々です。

先に結論から言いますと、時間を無駄にする人は下記の5つのようなことをしています。

  • お金を節約している
  • 人の時間を奪う
  • 何も考えずに生活している
  • スマホを見る時間が多い
  • スキマ時間の使い方を考えていない

この中で一つでも当てはまる方がいたら、あなたは時間を無駄にしています。

また、時間はお金では買えません。この思考を持ってない人は、時間を無駄にしている可能性が高いです。

これからそれぞれの項目についてより具体的に説明し、そして無駄な時間を減らす方法を教えます!

お金を節約する人と解決法

お金を節約する人って、時間を無駄にしています。理由としては、3つ。

  • ものを選ぶ際の判断に多くの時間を使う
  • 自炊にこだわる
  • 手間のかかる方法を選択する

まず、ものを選ぶ際の判断に多くの時間を使う人が多いです。

スーパーなどにいっても、「どれが1番安いかな」とか「コスパのよいものはどれだろう」と常に安さを基準としてものを判断するため、どこに行ってもモノを選ぶ際に悩む時間が発生します。

お金がないから、節約しなきゃいけない…そういう考え方もわかります。

ですが、時間は有限です。節約を楽しいと思ってやっている人であれば、もっと節約に時間を費やしなさいと私は言います。

しかし、ほとんどの人が節約きつい、人生ハードモード…と思っているはずです。

節約がきついのであれば、節約をやめて時間を作り、バイトでお金を稼いだり、ブログやyoutubeで情報を発信し稼ぐこともいいでしょう。

バイトは自分が興味あること、学びたいことを軸に選び、自分の価値を高めることで自己肯定感も上がるし、人生が充実したり仲間ができるのでオススメです。

ブログやyoutubeは稼げるようになるまでが大変なので安易におすすめできませんが、継続して記事や動画を投稿できる・何か突出したキャラや経験をしたことがあるのであればこちらもオススメです。

人の時間を奪っている人と解決法

自分の時間をうまく使えてない人は、無意識に他人の時間を奪っている可能性が高いです。

よくある例として、会社で分からないことを聞く人がいたりしますよね。聞く分には何の問題もありませんが、問題はその内容です。

調べればわかること、これは考えずに質問してるな、ということありませんか?

少なくとも前の会社では、こういったことが多く、無駄な時間が本当に多かったです。

このように自分の無駄な時間を減らすために他人に聞く場合、自分で調べれば解決できること、考えなしにとりあえず質問する人というのは他人に好かれないですし、自分の成長速度を遅めることになります。

その瞬間では時間の短縮になるかもしれませんが、人から聞いたこと・教えてもらったことは自分で自ら学んだことよりも忘れやすい傾向にあります。

もしかしたら、何度も同じことも聞いたら?せっかく教えてもらったのに忘れていたら?

そうなったら本当に時間の無駄ですよね。

時間の無駄ではなく自分の成長にも繋がらないので、他人の時間を使うときは調べた上でわからないことを聞く、そして感謝の言葉をしっかり伝えることを忘れないようにしましょう。

何も考えずに生活している人と解決法

あなたは、1日のスケジュールをなにも考えずに生活していませんか?

1日3分でも5分でもいいので、何をやるかスケジュールを立ててみてください。

やりたいこと・やらなければならないこと・やりたいことを入れるといいでしょう。

スケジュール帳やGoogleカレンダーに分単位、そこまで細かなスケジューリングは考えるのきついのであれば、時間単位でも結構です。

理想は、前日の夜寝る前に明日のスケジュールをたてることがおすすめです。

スケジュールを書くと、これは何時間くらいで終わる・これは何分くらいかかるという感じで1日の予定を埋めます。

すると、ほとんどの人が1日でこれだけのことができるんだ、と実感・錯覚します。

しかし、実際にはスケジュールを書くときには、スマホを触る時間や休憩時間などの小さな時間をスケジュールに書かない人が多いです。

その時間も立派な1日の予定なので、スケジュールにしっかり組み込みましょう。

そして、最初のうちはこの時間で終わるだろうな、という時間の倍の時間でスケジュールを組んでください。

自分の時間感覚なんてものは、あまり当てになりません。早く終わったらやりたいこと、できればやりたいことに時間を、費やせばいいのです。

このようにスケジュールを立てることで1日にできること、そして無駄にしていた時間などが勝手に洗い出されます。

「テレビ見ることにこんな時間費やしてたんだ・・・」などのような、何かしらの気づきが見えてくるのではないでしょうか。

「何も考えずに1日過ごしてきたな・・・」という人はスケジュールをたてて、やらなければならないこと・やりたいことを行い、そして自然と無駄な時間を洗い出し、その時間を今後排除しましょう。

スマホを見る時間が多い人と解決法

目的を持ってスマホを使っているのであれば、何の問題もありません。

しかし、ほとんどの人が暇つぶしのためにSNSやYouTubeに時間を使っているのではないでしょうか。

その時間がストレス発散であっても、必要以上に見てませんか?

一度、1日にどのくらいスマホを触っているか、時間を測ってみてください。

一般の人が1日の間にスマホを触る時間は約4時間と言われています。

この時間、できるなら半分に減らしましょう。そしたら2時間も空いた時間ができるわけです。

そうはいっても、「なかなかスマホをみる時間減らすことができない・・・。」そういう人も多いでしょう。

スマホをみることが習慣になってるのだから、簡単には改善しません。

では、どうやったら改善できるのか。

結局は自分の意思でスマホをみる時間を減らすしかありません。

親やパートナーにこの時間はスマホ預かってて!と言いスマホを没収してもらうか、例えば1時間などその時間はロックがかかったままにするアイテムなどもAmazonに存在します。

こういった商品を使って、強制的にスマホを使わなくする方法もありでしょう。

スキマ時間の使い方を考えていない人と解決法

空いたスキマ時間をだらだら過ごしてませんか?

コンビニやスーパーの待ち時間、ちょっとした休憩時間など、ただぼーっとしてるだけではもったいないです。

とはいえ、「そんな少ない時間で何ができる?」って思う方もいるかもしれません。

そんな数分のスキマ時間を埋める方法は、いくつかあります。一例を3つあげると、

  • 数分の待ち時間だけ、SNSを触る
  • その時間だけスマホで今日のニュースをみる
  • テンションが上がる音楽を聞く

1番大事なのは、スキマ時間だけしかやらないと決めることです。そうすることで、時間にメリハリがつくので短い時間で最大限情報を得ようとする力が働きます。

音楽を聴いてテンションをあげて、その後の活動効率を上げれるのであれば音楽を聴くこともありでしょう。

まとめ

今回は、時間を無駄にする5つの習慣と解決方法について紹介しました。

  • お金を節約している
  • 人の時間を奪う
  • 何も考えずに生活している
  • スマホを見る時間が多い
  • スキマ時間の使い方を考えていない

どの習慣もやめよう・改善しようと思えば、改善できます。

例えば、あなたが会社に勤めていて、ほとんど遅刻をしないのは遅刻したら職を失うリスクや怒られる、減給になるなどのリスクがあるからではないでしょうか。

自分で解決できない・意志の力に負けるのであれば他人やモノの力を借りる、罰則を決めるなどいわゆる強制力を使って対策してもいいでしょう。

あなたの無駄な時間を少しでも減らすことができたら幸いです。

今回は、この辺で!