仕事の話

仕事が暇で辞めたいけど早まっちゃダメ!辞める前にやることと、転職するならどうすべき?

仕事が暇で辞めたい・・・過去自分も同じ思いをしました。

  • 暇だと必要とされてないんじゃないか
  • 仕事が暇で辞めたいと言ったら、甘えとか勿体ないとか言われるんじゃないか

そう思いながら、なかなか行動できませんでした。

 

しかし、暇を活かして勉強すればいい・暇で仕事辞めたいと思うくらいだから自分はきっとできる人間なんだ!

そう思うようになりました。

 

結論を言うと、仕事が暇ならやりたいことを提案すれば、やられてもらえる可能性もあります。

もしやれなくても20代、30代前半なら転職すればいいんです。

 

今では転職に成功し、暇な仕事とはおさらばしました。

残業もあまりせず、ほどよい会社に出会うことができたので行動してよかったと思っています。

 

仕事が暇で辞めたいだなんて、経験した人にしかこの辛さはわかりません。

暇なことだけが仕事を辞めたい理由だと、転職するにもまともな理由やスキルもないし、厳しいです。

仮に転職しても、ブラック企業である可能性もあるのでなかなか重い足をあげることができません。

 

今回は、仕事が暇で辞めたい人に向けてやってほしいことと注意点、転職するならおすすめの職種や準備、身に着けておきたいスキルについて説明します。

仕事が暇で辞めたいと思ったときにしてほしいこと

仕事が暇で辞めたいと思ったら、まずは退職したいと上司に伝える前に

  • 周りの人も暇なのか確認する
  • 本当に仕事がないか、自分から聞く・提案する
  • 暇な時間に勉強・副業はできないのか

上記3つのアクションを実行してみましょう。これから詳しく説明します。

周りの人も暇なのか確認する

まずは自分だけが暇なのか、それとも同じ境遇の人が周りにもいるのか確認しましょう。

自分以外にも暇な人がいるようなら、どう思っているのか話すことができますし、自分だけじゃないんだと安心することができます。

もし自分だけ暇だと、仕事ができないから放っておかれているんじゃないかとか、自分が気が利かないからだと思いがちですが、

周りも同じならそんなことはありません。

そもそも暇で罪悪感を感じている人に仕事できない人なんて、経験上ほとんどいませんので安心してください。

周りの人も暇か確認することで、自分だけがそう思うのかどうかを客観的に判断することができます。

本当に仕事がないか、自分から聞く・提案する

本当に仕事がないのか、上司や直属の方に聞いたり、こんな仕事をしてみたい!と提案してみましょう。

会社が自主性を求めているのかもしれませんし、上司が部下に対して仕事をうまく割り振れてないだけかもしれません。

仕事がないか、こんな仕事をしたいと伝えることによって上司から「この人はやる気がある」と思われますし、割り振ってもらえる仕事を前向きに検討してくれると思います。

もちろん、その仕事内容に満足できるかは別ですが。それで雑用させられるならその会社は思い切って辞めたほうがいいです。

仕事がないかどうか聞いたり、提案することで状況が変わることもあるので是非試してみましょう。

暇な時間に勉強・副業はできないのか

仕事が暇な時間に勉強や副業ができるなら、進んでやったほうがいいです。

会社側からしても何もしないよりスキルアップに取り組んでる社員のほうがよっぽどいい人材でしょう。

もし上司に監視されていたり勉強ができない環境にあるなら、ただぼーっと過ごすだけになってしまうので苦痛な時間が続いてしまいますよね。

そういう場合は会社を辞めてしまって構いませんが、割り振る仕事がないときにスキルアップのために勉強するのをダメだという人はほとんどいないはずです。

仕事が暇で、他にやる仕事もなさそうなら積極的にスキルアップのための勉強や副業に力を注ぐべき。

私も同様の方法でエクセル・ワード・パワーポイントの資格を取得し、次の転職で資格をアピールすることができたのでよかったですね。

仕事が暇で辞めたい人の注意点

仕事が暇で辞めたい人の注意点として、

  • スキルがないと転職が難しい
  • 転職先も暇、またはブラック企業かもしれない
  • 仕事が暇だから、という転職理由は通じない

この3点が挙げられます。

スキルがないと転職が難しい

まず、転職するにもスキルがないと転職難易度はグッと上がります。

新卒のころとは違い中途採用の場合、何かしら転職しようと思っている会社で活躍できるようなスキルを持っていないと、書類審査で落とされます。

 

私もプログラマーから事務職に転職する際、何もスキルや資格を持っておらず、20社くらい応募して面接していただいた企業は1社だけでしたし、その企業の面接も落ちました。笑

面接ではどんなことができるか、この会社で貢献できそうなスキルは何かと聞かれてその場しのぎのような内容しか答えられず。

落ちた理由は言われずともわかりました。

 

このように、転職する場合は何かしらのスキルは必須です。

自己PRがうまく書けない・話せないという状況になりますし、新卒時みたいなやる気あります!努力します!の勢いで言ってもダメなので、それだけは覚えておきましょう。

転職先も暇、またはブラック企業かもしれない

仮に転職できたからといっても、また暇になったり、ブラック企業の可能性があります。特にブラック企業に入ると後々大変です。

スキルがないと難しいことはお伝えしましたが、スキルがない状態で採用される場合はブラック企業であることを疑ったほうがいいです。「未経験でも可」と書いてあるところこそ怪しいですね。

もちろん、未経験でも可と言っているところでいい企業も数多くありますが、とにかく人が欲しい可能性もあるので注意が必要です。

できる限りその業種は忙しいのか、平均残業時間はどのくらいなのか、そこで働いている人から話を聞くなどは最低限やるべきです。

暇は嫌だけど、ブラック企業は嫌だという方がほとんどではないでしょうか。そのためにも、企業選びは慎重に行いましょう。

仕事が暇だから、という転職理由は通じない

転職する際に、「仕事が暇だったから」とは言えませんよね。そんな理由は通じません。

そして、そういう人ってだいたい「やりがいある仕事をしたい」って言います。(自分もそうでした)

なぜなら、最も無難な回答で、最も抽象的だからです。

 

しかしやりがいある仕事をしたいから、というのは面接官にとって印象はあまりよくなく、根掘り葉掘り聞かれます。

「何をやりたいのか」「あなたにとってやりがいのある仕事って何?」「もっと具体的に」など、圧迫面接のような環境に自分から持って行っているようなものです。

なので、やりがいある仕事したいなどの抽象的な言葉は仕事が暇だった、何もやらせてもらえてなかったんだと面接官に思われがちです。

仕事が暇と面接官に読み取られるような理由や抽象的な言葉は転職理由として成り立たないので注意しましょう。

仕事が暇で辞めたい人向け!おすすめの職種3選

仕事が暇で辞めたいけど、次の仕事が決まっていない人に向けて、おすすめの職種を3つ紹介します。

WEBマーケター

WEBマーケティングと言われる業種をご存じでしょうか。リスティング広告やSEOなどジャンルは色々ありますが、簡単にいうとネットを使って企業の売り上げをサポートする業務です。

私も現在、WEBに限った話ではありませんがマーケターを本業をして仕事をしています。

WEBマーケターはどの業種よりも多くの知識を必要とする、と私は思っています。

例えば、製造会社のクライアントの担当を持つ場合、製造会社で使われる用語・商品が売れる時期・売れない時期、よく調べられるキーワードなど1クライアントごとに、そして業種ごとに最低限把握しておく必要があります。

場合によっては、クライアントの担当者と対等に話せるくらいの知識量を身につけておかないと会話が成立しませんし、相手からはダメなやつ認定されて解約されてしまいます。

しかしその分やりがいは大きく、やることは無限にあるし、最低限しかやら無い人もいます。

良くも悪くも成果重視でやろうと思えばいくらでもできますし、帰ろうと思えば毎日定時で変えることもできます。

自分自身の裁量が大きく、仕事が暇なことが嫌いな人には最適の職業です。私には最適な職業でした。

プログラマー

私が新卒で最初に働き始めた職種がプログラマーでした。

プログラマーがおすすめな理由としては将来独立を考えたり、転職を考える場合に1つの大きなスキルとして役に立つからです。

プログラミングって正直独学だと難しいです。

でもプログラムが書けなくても採用してくれる会社っていっぱいあります。なかなか激務ってのもありますが。。。

基礎的な知識は独学で身に着け、実務は会社で学ぶなどのスタンスをとり面接に望むとホワイト企業からの採用度もあがります。

将来の幅を広げるために、プログラマーはおすすめです。

フリーランス

フリーランスは自分な時間に働き、自分のペースで働くことができます。

誰にも邪魔されず、縛られず働けるので仕事の忙しさを自分でコントロールできるところがいいですね。

私もフリーランス時代がちょこっとだけありますが、自分のペースで仕事ができて、仕事に関しては全然ストレスがなかったです。

ただし、お金は稼げなかったですね。

フリーランスはおすすめですが、しっかりとしたスキルを身につけないと単価も安くなりやすいですし費用対効果があわないです。お金が原因で私は一度フリーランスを辞めました。

なので、スキルをしっかり身に着けて自分で稼げる目途が立っている人にとってフリーランスは大変おすすめの職種です。

仕事が暇で辞めたい人向け!行ってはいけない職種3選

仕事が暇で辞めたい場合、おすすめできない職種は

  • コールセンター
  • 事務職
  • 工場勤務

の3つです。

コールセンター

コールセンターでの業務は仕事が暇で辞めたいと思う人にはおすすめできません。

私の友人にコールセンターで働いている人がいますが、暇な時間もあるし、なにより将来役に立つ能力が得られないとのことでした。

クレーム対応や問い合わせなど、数々の人を対処する必要がありますが、マニュアル通りに対応して1日を過ごすだけだとか。

それに難癖つけて怒る人も多く、ストレスだったと。

コールセンターは定時で帰れることだけがメリットですが、個人的にやりがいはほとんどありません。

事務職

事務職もあんまりおすすめできません。

私はプログラマーから事務職に転職しましたが、とにかく暇でした。

事務職はなんもすることないから早く帰れと言われる始末。

事務職の何がきつかったか、それはやりがいがないことでした。

言ったことは事務の意見だからと通らず、言われることをやるだけの日々。

どこもかしこもそういうとこばかりではありませんが、世間一般から見ても事務職は楽だという印象があります。

その傾向があるのか、社会的地位は低いように感じました。

仕事が暇で辞めたいと思う、向上心の高い方にはおすすめしません。

工場勤務

工場勤務も単純作業が多いですよね。

単純作業は本当になんの得にもなりません。

同じ作業を何分も何時間もずーっとやってられないですよ。

よくドラマとかであるベルトコンベアーで作業するシーンとか。

ああいうのやり続けれる人は本当に尊敬します。私ができないから。

工場勤務に限らずですが、単純作業の繰り返し業務はおすすめできません。

仕事が暇で辞めたいならエクセル・ワードのスキルを身につけよう

仕事が暇ならエクセルやワードのスキルを身につけましょう。

なぜなら、最近はどこに行ってもパソコンを使います。

特にエクセルはどこでも使うのに、意外と使えない人が多いんです。

エクセル使ったことありますって言うのにvlookupとかsumifsとか関数使えない人多すぎますね…

逆にエクセルの関数をある程度使いこなせるだけで1つのスキルとして転職にも活かせます。

 

私は1ヶ月間勉強して、エクセルとワードの資格を取得しました。

mosと言われる、マイクロソフト認定のスキルです。

方法は簡単。テキスト1冊勉強してテスト受けただけ。(このあたりは後ほど詳しく書きます)

もし、何もすることないならまずはエクセル、そしてワードの勉強をして資格を取ってみましょう。

もちろん、資格をとることが目標ではなく、資格をとるために覚えた知識や使い方のほうが重要なのでそこはお忘れなく。

転職する前にしっかり準備を行うこと

転職する前に、

  • 退職から転職までのスケジュールを決める
  • 転職先で役に立つスキルを身につける
  • 転職先でしかできない、やりたいことを明確にする

この、3つをしっかり準備しておきましょう。

退職から転職までのスケジュールを決める

まずは退職する日、転職活動をどのくらいで終えるか決めましょう。

先に退職日を決めても仕事が見つからなければ無職になってしまいます。

 

逆に転職が決まっていても会社を辞めていなければ、内定取り消しの可能性も。

具体的には、退職は基本辞める1ヶ月以上前に伝えるのが基本です。

できれば2ヶ月は見といたがいいですね。私も退職するのに2ヶ月半かかりました。

転職活動は、会社に辞める意志を伝える前に行いましょう。

内定が決まってから今の会社に伝える形で結構です。

 

なので、基本的には転職活動2~3ヶ月→退職まで1~2ヶ月となります。

3~5ヶ月のスケジュールをたてて、あなたが本当に行きたい会社に転職できるようにしっかり計画しましょう。

転職先で役に立つスキルを身につける

スケジュールを立てることが重要だという話をしましたが、

そのスケジュールの前に転職先で役に立つスキルの勉強をしましょう。

中途採用なら、行きたい会社のことを調べるのはもちろんですが

会社のこと以外にもどんな仕事なのか、どんなスキルを持っていたら役に立つのか。

そして、そのスキルを勉強して面接でアピールすることが大切になります。

 

例えば他業種からプログラマーに転職したい人がいたとします。

そんな人が何も勉強せずに面接受けたら、普通は落ちます。

知らない人でもどういう言語があって、実際に何かプログラミング言語触ってみてHello world!を出力する。

これくらいはやっておいたがいいでしょう。

プログラマーに限らず、どの業種も導入部分くらいは勉強していかないと面接官には響きませんよ?

転職先でしかできない、やりたいことを明確にする

転職先の面接できかれることTOP3に入る、「うちの会社でやりたいことは何か」「数ある会社でうちを選んだのはなぜか」。

この質問に答えられるよう、転職したい会社でやりたいことを明確にしておきましょう。

なぜならこの質問の回答次第で、面接の内容が変わるからです。

ありきたりな答えだったり、サイトに書いてあるような言葉をそのまま言ったりすると面接官の評価はガクっと下がります。

面接官は、あなたの言葉でこの会社を志望している理由を知りたいのです。

なので、やりたいことを明確にするのはもちろん、その会社でしかできないことを調べて自分の言葉で書ける・話せるようにしましょう。

本当にホワイト企業なら、転職エージェントに頼まない

ちょっとだけ転職エージェントの話をします。

まず、転職をするにあたって多くの転職サイトや転職エージェントに登録して転職活動される方が非常に多く感じます。

結論から言いますと、転職エージェント経由で就職できる企業ってホワイト企業である可能性が低いんですよ。

なぜなら、転職エージェントがめちゃくちゃ儲けるような仕組みになっているからです。

実際にあった事例ですと、転職エージェントで採用された人の年収の約3割が毎年某転職エージェント側に払っているというのを聞きました。

毎年、、、年収の3割ですよ?企業側からしたら多額のコストがかかる人材ですし、よほどいい人じゃないと採用したくありません。

そして、それだけお金がかかるのに求人を出すということは人手が足りていないという可能性が高いですよね。

例外として、大企業や資金が豊富でよほど優秀な人材が欲しい企業などもいますが、私としては転職エージェント経由での採用はおすすめしません。

ただし、いきたい企業が転職エージェント経由にある場合は使うことをおすすめします。

まとめ

今回は仕事が暇で辞めたい人向けに、

  • 暇ならやったほうがいいこと
  • 転職の注意点
  • おすすめとNGな転職先
  • 身に着けるべきスキル
  • 転職前の準備
  • 転職エージェントについて

をお話ししました。簡単にまとめます。

まず、仕事が暇で辞めたいと思ったらすぐ辞めるのではなく

  • 周りの人も暇なのか確認する
  • 何かやることはないか上司に聞く
  • 暇な時間に勉強(副業)ができないか

をやってみましょう。

転職の注意点として、

  • スキルがない
  • ブラック企業への就職するリスク
  • やりがいのある仕事をしたいは通じない

この3点は覚えておきましょう。

もし転職する場合、おすすめな職種として

  • WEBマーケター
  • プログラマー
  • フリーランス

NGな職種として

  • コールセンター
  • 事務職
  • 工場勤務

などが挙げられます。おすすめな職種はやりがいのある仕事に対し、NGな職種はやりがいを感じにくい仕事になります。

身に着けるべきスキルですが、ワード・エクセル推奨です。どこへ行っても役立ちます。

転職前の準備として、以下3点は絶対に抑えておきましょう。

  • 退職から転職までのスケジュールを決める
  • 転職先で役に立つスキルを身につける
  • 転職先でしかできない、やりたいことを明確にする

ホワイト企業は、転職エージェントには少なく、転職サイトもしくはハローワークなどで転職先を探すことをおすすめします。

逆に行きたい職業が転職エージェントにある場合は大きな助けになってくれるので、全力で転職エージェントを使い、必死に内定もらえるよう努力したほうがいいです。

 

最後に仕事が暇で辞めたいと思った方へ。

私も仕事が暇で辞めたいと悩んだ時期がありましたが、ブラック企業に転職するリスクなどもあり怖くてなかなか一歩踏み出せませんでした。

しかし、一歩踏み出したことで新たな企業とめぐり合うことができ、今では伸び伸びと仕事ができています。

是非、最初の一歩を昔の自分と一緒に踏み出してみませんか?