ブログ

「PHPの更新が必要です」と注意喚起があった場合の対処法

ブログを更新しようとログインしたら、ダッシュボードに「PHPの更新が必要です」と見覚えのないものがありませんか?

 

見慣れないメッセージが出てきて不安に思う方もいるでしょう。

そのままブログを運用している方もいるかもしれませんが、結論から言うと今すぐ更新することをおすすめします。

 

なぜなら、そのままにしておくといずれブログが表示されなくなるから。

仮にいくら記事を書いたとしても、誰にも見てもらえないので意味がありません。

 

そうならないためにも今回は、Wordpressの管理画面に「PHPの更新が必要です」と出た場合の対処法について説明します。

 

具体的には、以下の2点。

  • バックアップの取得方法
  • PHPバージョンの更新手順

 

ちなみにPHPバージョンの更新手順にはあなた自身が契約しているサーバーによって手順が異なりますので、ご注意ください。

今回は、私が使用しているエックスサーバーをもとに説明します。

 

エックスサーバー以外のレンタルサーバー、「さくらサーバー」「ロリホップ」などの設定手順は下記サイトを参考にどうぞ。

・さくらサーバー:PHPのバージョン変更

・ロリホップ:PHP設定

 

では、エックスサーバーを使っている方に向けて順を追って説明します。

PHP更新を行う前に、手動バックアップを取る

バックアップを取らないと、何かあったときにサイトを元の状態に戻すことができません。

 

逆にバックアップさえとっていれば、サイトを復旧することができます。

なので、必ずこの工程はスキップせずにおこないましょう。

 

エックスサーバーには毎日自動でバックアップを取ってくれる機能がありますが、自動バックアップデータを提供してもらうためには、一部お金がかかります。

バックアップデータの提供の際には、下記の通りデータ提供1回ごとに手数料が必要です。

・サーバー領域データ … ご指定の日のWeb・メールデータ(税抜:5,000円)
・MySQLデータベース … 無償で提供いたします

参考:自動バックアップ機能 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

 

しかし、手動バックアップで取得してデータは全て無料です。

これから手順は説明しますが、簡単にできるので、PHPの更新をする前に2つともサクっとやってしまいましょう。

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログイン

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインしましょう。

※ログインできない場合、登録されているメールボックス内を確認。それでも確認できない場合は、パスワードを再発行する。

サーバー領域データの手動バックアップ方法

①ログイン後、「アカウント」カテゴリ内にある「バックアップ」をクリック

 

②自分が使用しているドメインを選択し、「ダウンロード」をクリック

※ダウンロード時、容量が大きく時間がかかるため、注意が必要。

 

以上2ステップで、サーバー領域データのバックアップは完了です。

MySQLデータベースの手動バックアップ方法

①ログイン後の画面に戻り、「データベース」カテゴリの「MySQLバックアップ」をクリック

②「現在のMySQLをダウンロード」をクリック

③圧縮形式を「gz形式」に変更し、「ダウンロード実行」をクリック

以上で、バックアップの手動取得は完了です。

PHPバージョンの更新方法

バックアップを手動取得したら、次はエックスサーバーでPHPバージョンを更新してみましょう。

ログイン後のトップ画面に戻った段階から説明します。

PHP ver.切替をクリック

ログイン後、画面下部にあるPHPの「PHP Ver.切替」をクリック。

「PHPの更新が必要です」と表示が出ていたブログのドメインを選択してクリックする

私のブログであれば、wayoflife-worker.comサイト上部に記載されているURLと一致するものを選択。

URLは自分のブログ名のものを選びましょう。

変更後のバージョンを(推奨)になっているバージョンに切り替える

PHPバージョン切り替え画面に遷移したら、変更後のバージョン下にあるプルダウンリストを選択し、(推奨)となっているPHPのバージョンを選択後、「変更」をクリック。

変更が適用されると、下記画像のような画面が出てきます。

 

これで、エックスサーバーでの設定は以上です。

WordPressのダッシュボードで「PHPの更新が必要です」のエラーがなくなったか確認する

最後に、自分のサイトを管理しているWordpress画面のダッシュボードを確認してみましょう。

ダッシュボードから以下のメッセージは消えたでしょうか。

 

このメッセージが消えていれば、PHPのバージョン更新は完了です。

まとめ

WordPress内に「PHPの更新が必要です」と出てきた場合の対処方法について紹介しました。

今回の問題が起きた時だけではなく、定期的にバックアップし、もしものときにすぐ復旧できるようにしておくことをおすすめします。